食品開発展2019 - 食食品の機能性・美味しさ・安全性情報を一堂に! 2019年10月2日・3日・4日 東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム
 
Hi 開催概要FiT 開催概要S-tech 開催概要
最新ニュース
  • ◆食品開発展2019 新規出展社募集中
    6月10日が第二次締切日になっています。 
    小間位置は申込み順に決まりますので、出展にご関心のある方はお早めに資料請求ください。
    今ご提案できる小間位置の図面をお送り致します。

    ご出展に関するお問合せ、図面をご希望の方は、出展資料請求(こちら)または、Eメール(f-expo-jp@ubm.com)、Tel.03-5296-1017にてご連絡下さい。
    (2019/04/12)
  • ★注目のパビリオン&ゾーン★ 詳細は事務居までお問合せ下さい 

    【ヘルスイングリディエンツジャパン(Hi)】
    ★ 発酵素材パビリオン:注目を集める発酵による付加価値食品・独自の素材開発を日本から世界に
    ★ 新素材・機能性素材としてのコメ素材:コメ成分の高度利用促進の図るパビリン出展&プレゼンセミナー
    ★ スポーツニュートリション:エビデンスを持つスポーツニュートリション素材の開発とアプリケーション
    【フード・テイストジャパン(FiT)】
    ★ 美味しさの評価:美味しさ評価に関わる分析・評価技術をとりあげるプレゼンセミナー
    ★ 新しい食感の創造:キーワードとなる新食感をテーマにしたプレゼンセミナー
    【セーフティ&テクノロジージャパン(S-tec)】
    ★ HACCP支援ゾーン:中小食品関連事業者の制度導入のためのハード&ソフトの支援
    ★ 洗浄除菌ソリューション特別セミナー:HACCPのカギを握る洗浄除菌ソリューションとアプリケーションを集約発表
    ★ 異物対策特別企画:異物対策にフィーチャーして、関連検査機器・サービスを集めた特別プレゼン(2019/03/08)
食品開発展とは
食品の3大テーマである健康、美味しさ、安全・品質に関わる専門展示会
「食品開発展2019」

食品開発展は、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術者向けの専門展示会として1990年にスタートし、2019年で第30回を迎えます。

2019年は、健康素材を集めたヘルスイングリディエンツジャパン(Hi)、美味しさに関わる素材・技術を集めたフード・テイストジャパン(FiT)、分析・計測、衛生資材、製造技術を集めたセーフティ&テクノロジー(S-tec)で、食品分野の3大テーマである「健康、美味しさ、安全・品質」に関するアジア最大の技術展として開催します。国内市場だけでなく、アジア市場への入口として国内外の関心を集めています。

食品開発展 開催概要
展示会名 食品開発展2019
併催 記念セミナー
会期 2019年10月2日(水)・3日(木)・4日(金)
会場(Hi/FiT/S-tec) 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム
開催時間 10:00-17:00
規模(Hi/FiT/S-tec) 900小間
主催 UBMジャパン株式会社
予定来場者数 約42,000人
後援(予定) 厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構(ジェトロ)/
農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門
協賛(予定) (一財)食品産業センター
(公財)日本健康・栄養食品協会
(一財)日本食品分析センター
(一社)全国清涼飲料連合会
(一社)日本植物油協会
(一社)菓子・食品新素材技術センター
全日本スパイス協会
日本香料工業会
(一財)東京顕微鏡院
フード・フォラム・つくば
(一財)食品分析開発センター
SUNATEC
(一社)日本農林規格協会
(公社)日本包装技術協会
(一社)日本分析機器工業会
(特非)国際生命科学研究機構(ILSI JAPAN)
食品膜・分離技術研究会
精糖工業会
全国製麺協同組合連合会
(公社) 日本技術士会
(公財)日本適合性認定協会
(一社)ハラル・ジャパン協会
(一社)日本包装機械工業会